キャンバスワークでリッチモンドヒル

キャンバスワークはじめました。

今年のKew Stitch Club作品展で、みなさんからいろいろなコメントをいただいたこのキャンバスワークの作品を覚えていらっしゃるでしょうか?リッチモンド在住の方々には言うまでもなく、ロンドンでもかなり有名なリッチモンドヒルからテムズ河をのぞむ風景です。
b0236978_2050325.jpg
(これは須合由香理さんの作品です。ご本人の許可をいただいて、写真を撮影し、このブログに掲載しています。)

このリッチモンドヒルのキャンバスワーク、「私も挑戦したい」とおっしゃるかたが何人かいらして、どうしたものか思案しておりました。アーティストご本人との交渉の結果、このたびステッチデザインプランとデザインテンプレートそしてキャンバスと針をセットにしたものを、キューステッチクラブで購入そして会員のみなさんへ販売させていただけることになりました。クルーウェルウールや刺繍糸はキューステッチクラブでご用意いたしますのでそれをお使いください。

では、すぐとりかかっていただけるのかというと、そういうわけにはいきません。私自身が実際に刺してみないと、糸の分量などの目安がつきません。また、会員のみなさんが取り組まれる際に実際に刺してある実物を見て参考にしていただくのが一番いいので。

というわけで、キャンバスワークをはじめたのです。図案をキャンバスへ写し、フレームに縫い付けたところ。以前「18センチの丸枠でも両手刺し」の記事でご紹介したVersatile Table Clamp がここでも役に立っています。
b0236978_2114366.jpg


クロスステッチやニードルポイントと違って、キャンバスワークは、いくらサンプルやステッチデザインがあっても、まったく同じ作品にはなりません。たとえば人が描いた絵画をまねしてみようと思ってもまったく同じになりませんよね。キャンバスワークでは色の混ぜ具合や糸の引き加減などがひとそれぞれちがうためなのです。ひとつひとつのステッチでその作品ひとつにしかない表情があらわれます。

私バージョンのリッチモンドヒル。手前の野原の部分を刺し終わったところです。同じ糸番号を使っているのに、上のオリジナル作品ともうすでに表情が違います。
b0236978_2128779.jpg


このリッチモンドヒルのキャンバスワークに取り組みたいとおっしゃってくださった方々、私のサンプルができるまで、いましばらくお待ちください。どうぞよろしくお願いいたします。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-11-14 21:56 | canvas work | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://kewstitchc.exblog.jp/tb/19498525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yasmin at 2012-11-15 07:32 x
は~い、ぜひぜひお願いします。テムズ川のステッチとリッチモンドヒルの眺めはやっぱりはずせませんね~。楽しみにしてますね。
Commented by madoka_mm123 at 2012-11-15 16:02
こんにちは♪
絵画的でとってもステキな作品ですね。
キャンバスワーク、私もしてみたいです!!
Commented by kewstitchclub at 2012-11-16 16:24
Yasminさん、いろいろと思い出があるでしょう。楽しみにしていてください。
Commented by kewstitchclub at 2012-11-16 16:26
madokaさん、コメントありがとうございます。針と糸で絵を描くなんて、本当に刺繍っていいですよね!
Commented at 2016-01-11 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kewstitchclub at 2016-01-12 17:21
2016-1-11 23:36の鍵コメさま
ご連絡ありがとうございます。先ほどメールさせていただきました。そのメールに返信していただけますと幸いです。