ジャコビアンの図案でブラックワーク

師走って本当に忙しいですね。記事に書きたいことがいろいろあるのに、ブログの更新がなかなか思うようには。。。

さて、今日ご紹介したいのは、先日のKew Stitch Clubでのこと。会員のYさんが初めてブラックワークに取り組むにあたって、いろいろと相談しました。

初めてだからということで、市販の小さなキットや、パターンだけを練習するサンプラーを刺す会員の方もいらっしゃいます。もちろんそれはそれで楽しんでいただけたら、とってもいいと思います。ただ、Yさんはとても器用な方ですし、いろいろなアイデアを素直に受け止めてくださるので、今回おすすめしてみたのがこちら。
b0236978_8541888.jpg


もともとはジャコビアン刺繍(クルーウェルワークの一種)の図案です。写真の左上のほうにちらっと写っている、The New anchor Book of Crewel Stitches and Patternsという本を参考にしています。(この本は1991年版でちょっと古いのですが、ポケットサイズで、使い勝手がとってもいいのです。)

この図案を使って、ブラックワークの作品に仕上げようとしています。濃淡を考えながらパターンを選ぶこと、そして同じパターンの部分では糸の太さを変えたりパターンを不完全に刺したりすることによってシェーディングを楽しみたいと思います。Yさん、いろいろ試しながら楽しみましょう!

できあがったら、Kew Stitch ClubのウェブサイトのギャラリーのページKew Stitch Clubのフェイスブックのページ(あまり活用できていませんが。。。)に画像をアップしたいと思っています。

皆さんもいかがですか?

下のバナーをクリックすると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-12-18 09:48 | black work | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kewstitchc.exblog.jp/tb/19687037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。