DMCのイニシャル白糸刺繍キット

白糸刺繍の作品がグリーティングカードとなりRSNショップで限定販売されるようになってから、「どうやったら白糸刺繍、とくにふわっとした芯入りサテンステッチはきれいに刺せますか?」という質問をいただくようになりました。
b0236978_16412055.jpg
(こちらの画像はDMCのイニシャル白糸刺繍キットです)

ひとりひとりのかたにも申し上げているのですが、本当に正直なところ私も白糸刺繍は苦手意識があるのです。自分で「きれいに刺せたな~」と思うことはかなりの労力と時間をかけないかぎりめったにないですし、自分はまだまだ修業あるのみ、と思っています。

それでもご参考になるならば、私が注意していることを箇条書きにしてみます。
1.図案をきれいな線で描く
2.布をしっかり張る
3.スプリットステッチや芯部分がスムーズになるようになどの下準備をしっかりする
4.糸の方向に気をつける
5.針を出したり入れたりする角度に気をつける
6.できるだけ短い糸を使って刺しているうちに傷んできたと思ったらすぐフレッシュな糸にかえる
7.練習あるのみ、の気持ちで焦らず頑張る

このなかでやっぱり1番の図案をきれいな線で描くという部分を省略できたら、針と糸の練習だけに集中できるではありませんか?そこで私が利用するのは、すでに図案が布に印刷してあるキットです。
b0236978_16451449.jpg
キットの中にはブルーのアブローダーの糸が入っていますが、私は25番刺繍糸の光沢の出る仕上がりが好きなのでそちらで練習しています。
b0236978_16482662.jpg
布をピンっと張って、刺繍しない間にかぶせておけるティシューペーパーをつけていつでも刺せるように準備しておくと、隙間の時間にちょこっと練習できます。
b0236978_16512664.jpg
一気に何時間も刺すよりも、ちょっとした時間で頻繁に刺すほうが私に合っているようです。

私もまだまだ練習あるのみ。頑張ります。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2015-10-27 16:58 | white work | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kewstitchc.exblog.jp/tb/25033568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えびす at 2015-10-29 05:08 x
ご無沙汰しています。パリからえびすです。
このキットいいですねー、欲しいです。
この記事で白糸刺繍の捉え方がイギリスとフランスで若干違うのかなぁと感じました。
たまたま一昨日、白糸刺繍のレッスンの時に「アブローダーで光沢を出す」とチューターが言っていたので。30番のアブローダーの1本の糸の先からさらに細い1本の繊維のような糸を引き抜き、更に糸を細くすると絹糸のような光沢が出てます。
私も今度、25番糸で白糸刺繍をトライしてみます。
いつも参考になる記事、有難うございます。
Commented by kewstitchclub at 2015-10-29 17:48
えびすさん、こんにちは。パリのボンマルシェの手芸コーナーでこのキット見かけましたよ?もうずいぶん前のことですが。。。。なるほど~30番アブローダーを裂いて使うんですね!中国刺繍の人たちがシルクを裂いて使うのと同じ原理でしょうか。スゴ技ですね。昔使っていた40番のアブローダーはもう入手できないし、極細レース糸(80番ぐらいかな)も使ってみましたが、私は25番刺繍糸が一番慣れているので扱いやすいと感じるのかもしれません。そうそう、芯部分は時間短縮のためにDMC Flocheを使っています。スプリットステッチや肝心のサテンステッチはOne strand of DMC stranded cottonです。えびすさんも試してみた感想を聞かせてください。ブログを拝見しに行きますね!