カテゴリ:ribbon work( 6 )

リボン刺繍その後

前回の記事を書いてから、もう一か月以上も経っているではありませんか。日々の忙しさに紛れて、ブログ更新をサボっていました。

さて、以前の記事「作品いろいろ」のなかでちらっとだけご紹介したJさんのリボン刺繍。その後どうなったでしょうか。
以前はこのフューシャの花の部分だけをクロースアップ写真でご紹介したのでした。
b0236978_22512150.jpg

ある事情で長い間お休みされていたJさん。お休み中に実は完成品の写真を送ってくださったのですが、先日久しぶりにキューステッチクラブに参加されたときに実物を持って来てくださいました。ご覧になった皆さんからはキャ〜という歓声が。
b0236978_22515415.jpg
Jさんが参考になさったリボン刺繍の本は、Beginner's Guide to Silk Ribbon Embroidery by Ann Cox と、The Ribbon Embroidery Bible by Joan Gordon の2冊。どちらもSearch Press社から出版されています。
リボン刺繍の本はいろいろありますが、最近日本のお友達からプレゼントしてもらったリボン刺繍の和書。
b0236978_22522084.jpg
「ちいさなリボン刺繍」といって、株式会社エクスナレッジから出版されています。このサイズの本は本当に使いやすいですね。中身もとてもいいです。奥付けを見ていると作家紹介のところでえびすみつこさんのお名前発見。ブログでコメントをやりとりしたことのある方なので、とっても嬉しく拝見しました。

Jさんの作品に戻りますが、9種類のお花の中で私が一番心惹かれたのは、左上のポピー。イギリスに住むようになってから、ポピーの花に戦没者を悼み感謝の気持ちを忘れないという意味があることを知りました。私もいつかポピーを刺繍したいと思っています。
b0236978_22524664.jpg


下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2017-03-15 03:17 | ribbon work | Trackback | Comments(2)

リボン刺繍 Lorna Bateman のキット

イギリスではいろんな花が咲き出しています。春はやっぱりいいですね。

今日の画像はYさんのリボン刺繍。いろんなお花が咲きます。
b0236978_18551552.jpg


鮮やかな色のリボン。綺麗ですね!(Designed by Lorna Bateman, Stitched by Y. T)
b0236978_18562285.jpg


これはLorna Batemanさんのキットです。
b0236978_1857346.jpg


彼女のウェブサイトはこちら。http://www.lornabatemanembroidery.com/

ただいま春休み中のキューステッチクラブは来週木曜日から再開します。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2016-04-14 19:05 | ribbon work | Trackback | Comments(4)

同じリボン刺繍だけど

前回の布箱いろいろの記事に、もうひとりのKさんの布箱が載っていませんでした。
こちらです。
b0236978_16241922.jpg
 リボン刺繍とボックスメーキングの技法を同時に楽しめて一石二鳥です。 実はこのリボン刺繍はキューステッチクラブで「リボン刺繍は初めて」という方のためにご用意するキットをもとに、Kさんが自分なりにアレンジされたものです。
オリジナルキットに取り組まれたのはこちら、Nさんのピンキープです。
b0236978_16284623.jpg

同じリボン刺繍だけど、ちょっとしたアレンジですごく違った印象。刺繍って本当に楽しいですね!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2015-06-29 16:35 | ribbon work | Trackback | Comments(0)

リボン刺繡で手芸小物

ステッチクラブには「リボン刺繡って素敵。やったことはないのだけれど、私にもできるかしら?」という会員のかたが何人かいらっしゃいます。

シルクのリボンは材料費がかさむし、刺しているうちにリボンが傷みがちだし、私はあんまりリボン刺繡は好きではないのですが、「やってみたい~」という会員のかたにおすすめするのは小さなモチーフにすること。サンプルで作ってみたのはテープメジャーカバーと小さなピンクッション。
b0236978_19542647.jpg


みなさんに人気のSpider Web Rose。白いバラが清楚な感じです。テープメジャーのほうはクリーム色のリボンも加えてRibbon Stitch。25番の刺繡糸はBlancとEcruで。ステッチはLazy DaisyとFrench Knotsです。テープメジャーのほうはStraight Stitchも使っています。少しキラキラ感が欲しくて、小さなパールビーズを3つずつ。

リボン刺繡というと、てんこ盛りのお花がぎっしり、というイメージの方もいらっしゃるかもしれませんが、私は控えめが好きです。英語でよく使われるフレーズ「Less is more」が私のリボン刺繡に対する気持ちをぴったり言い当てている気がします。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2014-09-23 20:53 | ribbon work | Trackback | Comments(0)

シンプルなリボン刺繍

あっという間に6月。今日は久しぶりに王立刺繍学校の日本人のお友達で集まりました。レギュラーで通っているイギリス在住の5人と、休暇をとって日本から来英し集中的に出席なさっている方が1人、合計6人で楽しく刺繍の話ができました。皆さんいろいろな刺激をありがとうございます~。

先週末の作品展も無事に終了し、いろいろと振り返っています。キューステッチクラブのY子さんご本人の許可をいただいたので、作品をひとつご紹介したいと思います。
b0236978_10501110.jpg

これは、リボン刺繍は初めてとおっしゃるY子さんのご希望で、スノードロップのモチーフ。飾り気のないシンプルなデザインが映えるように、少し光沢のあるコットンの生地をご用意しました。サイズも小振りにし、使うシルクリボンの幅も2ミリという細いものを選びました。リボン刺繍ならではのリボンステッチと、25番刺繍糸はフレンチノットとストレートステッチのみ、という感じで、ステッチの種類もしぼって、ステッチクラブの1セッションで完成できるようにと計画しました。あっという間にできてしまいましたね!

作品展にお越しくださった方々のなかには、このシンプルなリボン刺繍に心惹かれる方が何人かいらっしゃって、心温まるお言葉をいただきました。ありがとうございました。

ちなみにこのスノードロップは、The Ribbon Embroidery Bibleという本を参考にしています。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-06-02 10:54 | ribbon work | Trackback | Comments(2)

リボン刺繍で寄せ植えに挑戦

あいにくのお天気が続きますね。気が沈みがちになりそうなので、明るい気持ちになるように、ステッチステッチ。
まずは少し厚めのカリコ布に、麻と綿が混じったちょっと変わった質感のある布をプランターに見立ててアップリケ。リボン刺繍でお花いっぱいの寄せ植えに挑戦です。
b0236978_8281953.jpg

紫と黄色のパンジー、淡いブルーの勿忘草、サーモンピンクは実はゼラニウムをイメージしていたのですが、リボンに捻りを加えすぎた部分がどうもバラのようにも見えてしまって納得いかず、途中でシンプルなリボンステッチに変えてみました。

リボンは、これまでオーガンザのリボンやサテンのリボンなども使ったことがあるのですが、やっぱりシルクのリボンが一番風合いがよく、味わい深い出来上がりになるなあ、と感じています。今回使ったのはすべてシルクのリボンで、サーモンピンクが7ミリ幅、葉っぱのグリーンが4ミリ幅、パンジーと勿忘草はそれぞれ2ミリ幅を使っています。パンジーには茶色の25番刺繍糸1本どりで、よりパンジーらしく見えるように、ストレートステッチを加えました。

実はこれ、試作品です。ここのところずっと王立刺繍学校のアップリケの課題に取り組んでいて、今回の私のデザインは、イギリスの民話「3匹のくま」に出てくる森の中のくまのお家なのです。窓辺にお花がいっぱい咲いているウィンドウボックスをリボン刺繍で施したくて、試行錯誤しています。試しに刺してみたリボン刺繍の寄せ植えが自分が思っているより華やかになりすぎた気がして、花の種類を減らすか、量を減らすか、などと考えています。

そうそう、忘れないように使った針の番号も記しておきます。
Chenille針のNo 20、Embroidery針のNo 3そしてEmbroidery針のNo 9を使いました。メーカーはどれもJohn Jamesです。
b0236978_8284970.jpg


下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-05-08 08:41 | ribbon work | Trackback | Comments(2)