カテゴリ:crewel work( 6 )

花のクルーウェルワーク

またまた久しぶりのブログ更新です。
今年はいろいろな事情で毎年恒例のキューステッチクラブ作品展は例年より遅く7月2日(日曜日)に開催されることとなりました。会員の皆さんは作品展に向けての準備にがんばっていらっしゃいます。とっても楽しみです。いろいろ撮りためている写真の中からいくつかをご紹介していきたいと思います。

今日ご紹介するのはHさんのクルーウェルワーク。リネンツイルにアップルトンウールで刺繍します。最初の写真は図案を写して刺し始めたところ。

エリザベス朝(エリザベス1世の時代)の刺繍のモチーフをもとに図案がデザインされています。数年前の本ですが、Susan O’ConnorのEmbroidered Flowers for Elizabeth という本は素敵なデザインがいっぱい。HさんはまずPrick&Pounceという伝統的な方法で図案を写しました。
b0236978_15302810.jpg
(Design Source: Embroidered Flowers for Elizabeth by Susan O'Connor)

刺し進めたところ。基本的に図案の中で奥にあるものから手前にあるものという順に刺します。刺しかけの葉っぱは、ロングアンドショートステッチですが、きれいに仕上げるためには葉の形にスプリットステッチしておく下準備が大切です。絵の具のラインが太くなってしまったところは、刺繍でペイントラインを隠さなければなりませんから、気持ちだけ線の外側寄りにスプリットステッチします。
b0236978_15430886.jpg
完成品は、作品展で展示されます。どうぞお楽しみに!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2017-05-31 15:59 | crewel work | Trackback | Comments(0)

クルーウェルワーク りすのしっぽ

今年の作品展がいよいよ近づいています。

予告編第1弾はHさんのクルーウェルワーク。図案はSearch PressのBeginner's Guide to Crewel Embroideryの48ページのベルプルを参考にしています。
リスの尻尾をふわふわするためにターキーラグノットに挑戦。
カット前。
b0236978_2347107.jpg

カット後。
b0236978_23473171.jpg

(Design Source:Beginner's Guide to Crewel Embroidery by Jane Rainbow, Embroidered by H.U.)

フクロウも可愛くできました。足はブリオンノット。
b0236978_23504242.jpg


作品展には額に入った作品を展示させていただきます。お楽しみに。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2016-05-31 23:56 | crewel work | Trackback | Comments(0)

英国刺繍のプレゼント

今日ご紹介するのは、キューステッチクラブ会員のHさんの作品です。

日本のお母さまにプレゼントしたい、というご相談を受けて、せっかくだから英国の伝統刺繍クルーウェルワークはいかがでしょうかとご提案しました。

糸の色はHさんが選び、図案は刺繍雑誌InspirationsのIssue 70の付録の図案を利用。そう、「図案いろいろ」の記事でHさんがトレーシングペーパーに針で穴を開けているところをご紹介しましたね。

夏休み中に刺し終えて無事にプレゼントすることができました、とHさんが写真を送ってくださいました。まだ刺繍枠から外していない状態で撮った写真はこちら。
b0236978_19353421.jpg
(Embroidered by H. U. Design Source: Inspirations Issue 70 Photo taken by H. U.)

リネンツイルにアプルトン社のウール刺繍糸。英国の伝統的な香りがする作品となりました。アプルトンのウールで刺繍するのは初体験だったHさん。慣れるまで大変だったであろうとお察しします。私が感動するのは、お母さまにプレゼントしたいというHさんの気持ちがひと針ひと針に込められているということ。私まで幸せな気持ちをいただきました。Hさん、写真を送ってくださりありがとうございました。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2015-08-31 19:54 | crewel work | Trackback | Comments(0)

クルーウェルワークでミニクッション

秋の気配がすると思っていたら、どんどん木々の葉の色が変わってきて、庭のリンゴも赤くなってきて、秋が深まってきているなあと感じる今日この頃です。

だんだん寒くなってくると、刺したくなるのがクルーウェルワーク。イギリスの伝統刺繡ではジャコビアン刺繡と呼ばれるものがクルーウェルワークです。リネンツイルという生地にクルーウェルウールという毛糸を使って刺繡します。タペストリー用の毛糸よりも随分細いということは以前記事に書いたことがありますね。

今日ご紹介する画像はKew Stitch Clubでご用意しているクルーウェルワーク用のキット。このミニクッションは、色違いで2種類あります。
b0236978_6565252.jpg


使っているクルーウェルウールはアプルトン社のものです。図案をリネンツイルに写すところから挑戦していただきます。
b0236978_714055.jpg

(こちらのキットは英国王立刺繡学校のディプロマコースを修了された須合由香理さんのオリジナルデザインです。著作権の問題がありますから、無断で複写・模写などのトラブルが発生しませんように皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。)

このクルーウェルワークミニクッションのキット、在庫の数に限りがあります。ご希望の方はお早めにお知らせください。

b0236978_721065.jpg
キットには刺繡しない面のクッション生地としてベルベットが含まれています。ひとつひとつステッチしていくとあったかい気持ちになれそうですね!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-10-10 07:09 | crewel work | Trackback | Comments(8)

ステムステッチクッションその後

ブログをなかなか更新できないでいました。

クリスマスごろから食欲をなくしていた義父が入院し、心配する日々が続いていましたが、先週亡くなってしまいました。回復すると思っていたので、本当にショックです。私や子供たちでさえショックを受けているのに、主人はかなり打ちのめされています。私自身、昨年4月に父をなくしたところだったので、精神的な打撃が大きいです。今週木曜日にお葬式が行われることになり、今週のステッチクラブをお休みさせていただくことになりました。会員の皆様、お心遣いや温かいお言葉をありがとうございました。

今週末にはステッチクラブの皆さんとパリのL'aiguille en feteへ行くことになっています。いつまでも悲しんでいてはいけませんね。

さて、今日ご紹介したい作品は、会員の方々のものです。以前「ステムステッチでクッション」の記事でご紹介した毛糸の刺繍。


b0236978_315051.jpg

A.M.さんの作品。ベージュの無地のクッションに白とクリーム色のモノグラムがとても上品です。


b0236978_3210100.jpg

M.K.さんの作品。文字とのバランスを考えて、まわりのモチーフをシンプルにアレンジしました。


b0236978_325316.jpg

R.Y.さんの作品。ご持参された生地が意外と扱いにくく、図案を写すときも、ステムステッチをするときも、なぜか歪んでしまいました。でも、大丈夫!芯入りサテンステッチを上から刺して修正できました。とっても素敵です。お疲れ様でした!

他の方々の作品もご紹介したいのですが、まずはクッションにお仕立てすることも終えられた3名のかたの分だけブログに掲載させていただきます。

Kew Stitch Clubのウェブサイトのギャラリーのページもごらんになってみてくださいね!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-02-08 03:07 | crewel work | Trackback | Comments(0)

ステムステッチでクッション

ロンドンでは秋が深まってきています。
以前素晴らしい講習会を受講して作ることのできたフットスツールに合わせてクッションを作ってみました。Crewel work用のウールの糸でステッチ。今日のキューステッチクラブで、さっそくこのクッション作製に興味を示された会員の方が何人か。もちろん皆さんそれぞれお好きな生地で、そしてお好みの色のウールを使っていただけます。
b0236978_48853.jpg

b0236978_485528.jpg

Appleton crewel woolを2色使いで。
b0236978_495567.jpg

ほとんどがステムステッチで、少しだけ芯入りサテンステッチを。
[PR]

by kewstitchclub | 2011-11-11 04:12 | crewel work | Trackback | Comments(3)