<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Sajouのフリーチャートを利用して

もう大晦日です。
今日は私にとっては感慨深い出来事が。とても仲良くさせていただいていたAさんが日本へ本帰国されてしまう日なのです。Aさんとは家族ぐるみでお付き合いさせていただきました。彼女はKew Stitch Clubを始めた当初からのメンバーでもあります。
b0236978_11261193.jpg

何か思い出に残るものをお餞別にと思って、Sajouのフリーチャートを利用して、チクチク。私が使ったのはアルバムナンバー324のアルファベットです。Veronique Maillardさんの復刻版Sajouの本も持っているのですが、このフリーチャートのサイトではこの本に収録されていないアルバムもいくつかダウンロードできたりして、本当にありがたいことです。丸い刺繍枠の跡をつけたくなかったので、Sue HawkinsさんのUpholsterされた刺繍枠を使いました。

b0236978_11271255.jpg

アルファベットに3色のグラデーションでボーダーをプラス。25番刺繍糸を2本どりで。糸はDMCの930番、932番、3753番の3色です。

b0236978_11273360.jpg

裏側はこんな感じ。生地は16カウントのリネンアイーダ。

b0236978_11275220.jpg

裏地にリバティー生地を使ってアルバムカバーに仕立てました。アルバムにはキューステッチクラブで交流のあった他のメンバーの方々にも書いていただいたメッセージカードが入っています。皆さんご協力ありがとうございました。

Aさん、年越しは飛行機の中ですね。別れがつらく悲しいのはもう会えないと思うから。私たちはまた必ず会えます。再会できる日を心待ちにしています。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-31 19:08 | cross stitch | Trackback | Comments(2)

花の妖精をスタンプワークで。。。

b0236978_11495370.jpg

これは、以前「さて何ができるのでしょう?」の記事でご紹介したフェルトパディングの型紙です。

実は、王立刺繍学校(Royal School of Needlework)のスタンプワークの課題で、Cicely Mary Barkerのフラワーフェアリー(花の妖精)に挑戦しようとしているのです。こんな部分的な写真だけで、どのフェアリーかわかるかたは、相当フラワーフェアリーズのファンでしょう。。。本当はもっと他にも好きなフェアリーたちがいるのですが、スタンプワークのスペシャリストのお友達に「このフェアリーならスタンプワークに適している」と太鼓判をもらったのがこのThe Scilla Fairyです。

b0236978_11542488.jpg

タイツをはかせて。。。(ひざ小僧に注目!)

b0236978_11545673.jpg

革靴をはかせて。。。(ん~何かがまだ足らない。。。おしべ?)

b0236978_11553076.jpg

別に妖精の羽根を作り始めたところ。

b0236978_11555555.jpg

洋服となる花びら部分はニードルレースをオーガンザのリボンの上に施して。

羽根を作っている最中に羽根は腕よりも後ろにあることに気づき、腕のフェルトパディングは取り外しました。細かいスタブステッチでとめていたので、大変でした。スタンプワークは何が一番手前に来るのかをしっかり把握していないと、刺す順番を間違えてしまいそうです。

まだまだ道のりは長い。。。がんばります。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-30 12:00 | stump work | Trackback | Comments(0)

ハーダンガーのボタンホールエッジ

クリスマスのあいだ、ソファーに座って家族と話をしながらでもなにかチクチクできないかと、始めたのがハーダンガー刺繍。北欧ノルウェーの刺繍です。

ステッチクラブのYさんが直径21~22センチぐらいのドイリーを作りたい、とおっしゃっていたので、見つけてきたのがこのフリーチャート。私も試作してみることにしました。外枠など基本的な部分はこのチャートを利用し、あとはいろいろとアレンジする予定です。Yさんは、ハーダンガーの伝統的なWoven BarやWrapped Barに加えて、ドロンワークで使われるかがりかたをやってみたい、とご希望されているので、彼女のお好みに合うように相談しながらアレンジしていきたいと思っています。
b0236978_19551957.jpg

今回のこのフリーチャートのいいところは、縁のボタンホールエッジが2目だけすくってあること。ハーダンガーおなじみの4目すくうのと比べると、ボタンホールステッチの目も揃いやすいし、針もスイスイ早く進みます。

布は22カウントのFine Ariosa、糸はDMCのパールコットン8番と12番(本当は5番も使うように指示が書いてあるのですが、もう少し繊細な仕上がりを期待して5番のところを8番で)、針は24番のタペストリー針を使っています。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-28 20:08 | white work | Trackback | Comments(4)

i wish you a...

いよいよクリスマスがやってきます。ロンドンは去年と比べると少し暖かいクリスマスとなりそうです。
b0236978_903981.jpg


イギリスのクリスマスは、日本のお正月のようなもので、お客さんが絶えません。本当のことを言うと、今年は父が亡くなったので、飾りつけやパーティーなどは控えたい、と思っていました。でも、イギリス人には「喪中」という概念はないようですね。24日、25日と主人の親族が集まりにきます。私は心の中でひそかに喪に服していたいと思います。

さきほどやっと子供たちへのプレゼントのラッピングを終え、クリスマスツリーの下へ置くことができました。毎年ギリギリになってしまうのはなぜでしょう???Father Christmas(イギリスではサンタさんのことをこう呼びます)からのプレゼントは25日朝に枕元で発見してもらわなければならないので、まだ隠してあります。

25日は七面鳥が上手く焼けますように。。。
皆様も良いクリスマスをお過ごしください。

b0236978_923379.jpg

このクロスステッチは随分昔アメリカに住んでいたころに入手したPrecious Momentsのシリーズで、図案のコピーライトは(c)1994 Desings by Gloria & Pat, Inc. となっています。毎年飾るクリスマスデコレーションの中でもお気に入りです。

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援していただけると、とっても励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-24 09:19 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)

ブラックワークサンプラー

前回の記事のブラックワークのチェスボードを作られたAさんがブラックワークをやってみたい、と思われるきっかけとなったサンプラーをご紹介します。
b0236978_9583430.jpg

王立刺繍学校(Royal School of Needlework)に大きなブラックワークサンプラーのパネルがあるのですが、それを目にしたときから「いつか私もこんなサンプラーに挑戦したい」と思っていました。学校のはとても大きなサイズで2枚もありますから、まったく同じものを作ろうとすると、気が遠くなるほど時間がかかりそうだったので、自分でもやり遂げられそうな大きさにデザインしました。
b0236978_9591192.jpg

ブラックワークの本でとても気に入っているのは王立刺繍学校の先生Beckyが書いた「Blackwork(RSN Essential Stitch Guide)」。
b0236978_9592995.jpg

上下、左右で使ったグラデーションのパターンは、江口千暎子さん著「イギリスの伝統刺繍ブラックワーク」を参考にし、少しだけアレンジしてあります。

家にある暖炉のFire screenとして、実用的にディスプレイしたかったので、いつもお世話になっているフレームショップで脚と持ち手をつけてもらいました。

ブラックワークはカウントステッチの刺繍なので、クロスステッチが好きなひとはきっと気軽に取り組むことができるのではないかな?と思っています。いかがですか?

下のバナーをクリックしていただけると、励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-23 10:08 | black work | Trackback | Comments(0)

ブラックワークのチェスボード

またまたこんにちは。いっぱい投稿したい記事があるのですが、コンピューターの調子が悪く、滞っておりました。。。忘れないうちにご紹介したいものは。。。

b0236978_151392.jpg

Aさんの作品。ブラックワークのチェスボードです。Aさんは私がFirescreenとして作ったブラックワークサンプラー(また別の記事でご紹介しますね!)を見て、ブラックワークに挑戦したいと思われたそうです。自分の作品が他の人へのインスピレーションとなることは、本当に嬉しいものです。今回は実用的なものということでチェスボードをご提案させていただきました。また、ボックスメーキングの技法と合わせて、チェスボードの下に浅い箱をつくり、チェスの駒を収納していただけるようにしました。
b0236978_154852.jpg

装飾目的でコーナーにつけたチャームもAさんがお持ちのPewterのチェスピースにぴったりですね!このチャームはロンドンのCreative Beadcraftというお店で購入しました。

素敵な作品に仕上がり、私もとっても嬉しいです!

<お願い>著作権保護のため、当ブログ内の写真や文章のコピーはご遠慮ください。ご理解の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ランキングに参加しています。励みになりますので、ぜひ下のバナーをクリックしてください。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-20 07:00 | black work | Trackback | Comments(2)

クリスマスランチの会

先週は年内最後のキューステッチクラブの日でした。
午前の会が終わるとすぐにKew RoadにあるNewens(The Original Maids of Honour)へ移動。
b0236978_215770.jpg

ここはMaids of Honourというお菓子で有名です。実はヘンリー8世がアン・ブーリンやお付きの女性たちが食べているのをみて命名したと言われています。ヘンリー8世はこのお菓子が大好きで、レシピをリッチモンドパレス内の鉄の箱に入れて鍵をかけて秘密にした、ということなのですが、実際は素朴なエッグタルトという感じ。。。?
b0236978_210572.jpg

この日はKew Stitch Clubのクリスマスランチの会でしたので、お茶ではなく、3コースのちゃんとしたお食事でした。お店もクリスマスの飾りつけがしてあり、テーブルの上にはクリスマスクラッカーが。
b0236978_21747.jpg

このクリスマスクラッカーは、テーブルで席がお隣のひとと引っ張り合いっこするものです。パン!っという音とともに中身がでてくるのですが、中身はたいてい紙の王冠(これを頭にかむってクリスマスランチを食べます)、ジョークやなぞなぞが書いてある紙、ちいさなおもちゃなどが入っています。

スターターは皆さんお好きなものを選んでいただき、メインはベジタリアンの方がいらっしゃらなかったので、全員が英国の伝統的なクリスマス料理を注文。七面鳥にはグレービーソースに加えてブレッドソースも付いていました。ターキーを焼くときに中に詰めるスタッフィングというもの(今回は豚のひき肉だったように思います)や芽キャベツなどの付け合せの野菜もたっぷり。デザートは皆さんクリスマスプディングを注文されたのですが、ドライフルーツやスパイスがかなりきいていましたね!すごいボリュームで苦しいほどでしたが、最後に出てきた紅茶がアツアツで本当においしくいただきました。

12月のお忙しい時期、当然ご都合のつかなかった方もいらっしゃいます。今回は送別会も兼ねていたので、みなさんがお忙しいのを承知の上で企画させていただきました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

今回の記事、刺繍のことが何にも書いてなくて、食べ物の話ばかり!後ほど刺繍の記事も投稿します。

Please click! Thank you!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-20 02:14 | Kew Stitch Club | Trackback | Comments(0)

Crewel work 用のウール

いよいよクリスマスが近づいてきています。ロンドンの街はクリスマスショッピングの人々でいっぱい。このあわただしい感じは日本の師走と同じ。やることがたくさんあってストレスを感じるときこそ、刺繍で癒されたい。。。

今日はクルーウェルワーク用の糸のおはなし。
以前ご紹介したステムステッチのクッションを作ってみたいという方々にお好みの色を選んでいただくために使ったものは。。。
b0236978_20114389.jpg
Appleton社の色見本表。とってもキレイなのだけれど、実はこの色見本はタペストリー用の糸なんですね。ニードルポイントをなさる方たちが使う、あの太い毛糸です。
b0236978_20124629.jpg
クロースアップするとよくわかるのでは?

b0236978_20132436.jpg
こちらがクルーウェルワーク用の毛糸です。タペストリー用のと比べるとずいぶん細いです。皆さん2色ずつお好きな色を選んでいただきました。
b0236978_20135161.jpg
その中でも私のお気に入りはMさんが選んだこの2色。あったかそうでいいですね~。

できあがった作品はキューステッチクラブのウェブサイトでご紹介したいと思っています。お楽しみに!

人気ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-14 20:24 | materials | Trackback | Comments(0)

クリスマスのオーナメント

クロスステッチでクリスマスのオーナメントを作ってみました。
いつもお世話になっているあの方へプレゼント。
気に入ってくださるといいのですが。。。
b0236978_1736172.jpg

図案はMaraboutのPetits Points & Toile de linという本から。

ランキングに参加しています。Please click! Thank you!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-10 17:50 | cross stitch | Trackback | Comments(0)

テディベア

Kew Stitch Clubでは、今までやったことのない技法に初めて挑戦するときには、まずはサンプラーやキットなどで小さな作品に取り組むことをおすすめしています。

b0236978_1774247.jpg

この信濃恵さんデザインのテディのキットもそうです。信濃恵さんは、森本さちこ先生監修スタンプワークの認定講師です。とっても素晴らしい技術と素敵なセンスをお持ちですので、東京近郊のかたは来年1月から始まる彼女の講習会を受けてみられてはいかがでしょうか。彼女と私は王立刺繍学校でクラスメートで、ご近所だったこともあり、とても仲良しなのです。こんなにかわいいオリジナルキットをキューステッチクラブで使わせていただけて、本当に感謝しています!

今回のデザインでは、スタンプワークのテディの部分だけがキットになっており、お仕立ては皆さんそれぞれお好きなようにしていただけます。ネームプレートにしてもいいし、赤ちゃんが生まれたお友達には名前や日付などもいっしょにステッチしてプレゼントしてもいいですね!ボックスメーキングの技法と合わせて、箱の蓋部分や側面などにテディをつけても。

b0236978_1782946.jpg

私はニードルブックを作ってみました。
b0236978_179127.jpg

同じキットでも、作る人によってテディの表情が違いますね。手作りならでは。

あなたならこのテディベアで何を作りますか?

ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてください。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2011-12-06 17:20 | stump work | Trackback | Comments(0)