<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

無印良品のロンドンの街

ロンドンでも無印良品は人気で、MUJIという名前で店舗がたくさんあります。MUJIにはLondon in a boxという商品があって、木製のビッグベンやロンドンアイ、またロンドンバスやロンドンタクシーなどが可愛いミニチュアサイズでセットになっています。この無印良品のロンドンの街をディスプレイしていたのですが、拭き掃除するたびに各パーツを移動させるのが面倒。そんな私がハッと思いついて作り始めたものは。。。

まず、カードボードをカット。カッティングボードとカッティング用の金属製の定規(ずべりどめがついています)は、刺繍を額装するときには欠かせません。
b0236978_10241187.jpg

余っていた端切れにLondonの文字をステッチ。今回は25番刺繍糸の2本どりで巻きつけバックステッチを。
b0236978_10244566.jpg

額装するときの要領でカードボードにマウントします。たくさんの待ち針を使います。この短めの待ち針は曲がりにくくしっかりしているので、重宝しています。
b0236978_10251284.jpg

さあ、できあがり。これで、拭き掃除のときもラクラク。
b0236978_10253562.jpg

誰にも見てもらえないのは残念ですが、裏側は去年10月のThe Knitting and Stitching Showで買ったリバティーの生地を使いました。この渋めの柄はワタシ好み。。。
b0236978_1026717.jpg

2012年は女王陛下の在位60周年オリンピックなどでロンドンが注目される年。今年はロンドンのモチーフを使ったブラックワークやホワイトワークのキットを作成する予定です。お楽しみに。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-01-30 10:30 | equipment | Trackback | Comments(0)

帰ってきたアドバンスゴールドワーク

もう何ヶ月も前に提出したまま、ずっと成績審査の結果を待っていたアドバンスゴールドワークの作品がやっと帰ってきました。これは、お友達のKさんと一緒にデザインを考えて取り組んだ思い出の作品です。計画の段階では、まったく同じのツインにするか、左右対称で一対になるようにするか、なんて言っていましたが、結局は同じデザインを使って細かいところは各自の好みで刺繍しました。ツインといっても、「一卵性双生児」ではなく、どちらかというと「二卵性双生児」といった感じ。
b0236978_1111513.jpg

あれはちょうど去年の今頃だったでしょうか。Damaskの生地にゴールドワークしたくて、RSNの先生に教えてもらってロンドンのWatts &Coというところまで生地を買いに行きました。すごいお値段でKさんも私も目が点になりそうでしたが、それもいい思い出です。

「英国」をテーマに、王冠はもちろんのこと、イングランドのバラ、スコットランドのアザミ、ウェールズのポロねぎ、アイルランドのシャムロックなどのモチーフをデザインに取り入れました。また女王陛下やクイーンマザーが戴冠式のときにお召しになっていたローブに施されていたゴールドワークのモチーフも参考にし、ドングリやオリーブなどのモチーフもデザインに入れました。そのなかでも特に気に入っているのがこちらのアザミ。シルバーのSmooth PassingとPearl Purlを使っています。葉っぱの部分は4色のStranded Cottonを1本どりでグラデーションをつけながらレイドワーク。かなり時間がかかったことを覚えています。
b0236978_112862.jpg

もうひとつのお気に入りはテューダーローズ。伝統的なものは赤と白のバラですが、この淡い色にしたのは、理由があります。Salisburyという町の大聖堂からのお仕事でRSNスタジオが修復作業したテューダーローズが、とてもきれいなピンク色だったからなのです。
b0236978_1125333.jpg

最近ゴールドワークやホワイトワークの作品、ボックスメーキングの材料や道具、などなどが入った袋を電車で紛失されたというお話(二村先生のレッスンを受けていらっしゃるマリ竹さんです)をブログで拝見し、心を痛めていました。「もう一度取り組むことでしっかり習得できれば無駄ではないと考えることにした」とおっしゃっていたマリ竹さんにエールを送ります!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援どうぞよろしくお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-01-27 11:14 | gold work | Trackback | Comments(2)

イニシャル刺繍の図案の本

キューステッチクラブでは、イニシャル刺繍が人気です。花文字だったり、ドイツ文字だったり。ステッチもクロスステッチのように気軽に楽しめるものから芯入りサテンステッチやトレイリングなどなど、皆さんそれぞれお好みがあります。

好きなフォントをプリントアウトして図案をおこすときもあるけれど、やっぱり本を参考にすることが多いです。イニシャルやモノグラムの本は、何冊もっていても、また欲しくなってしまう、そんな魅力があります。私がよく参考にする本は、和書ならユキ・パリスさんの「イニシャル&モノグラムの刺繍」、洋書ならSusan O'Connorの「Monograms」。他にもいろいろあるけれども、王立刺繍学校の先生がたに「イニシャルやホワイトワークのデザインアイデアのための本はどれがおすすめ?」と質問すると、ほとんどの先生が「はい、これよ」と見せてくださるのが、こちらの本です。
b0236978_8471369.jpg

RSNのライブラリから取り出してきて教室内で撮影したので、蛍光灯がちょっと反射してしまいました。また、本の左上のほうがちょっと破けたりして傷んでいるのは、この本がこれまでたくさんの人々に使われてきた証拠。

ハードバックで、Coffee table bookとでもいうんでしょうか、とっても大きく、そして重たいのです。この本は残念ながら所有していないので、学校で時間のあるときに、ながめてはいろいろ考えます。

でも、実は、同じLiliana Babbi Cappellettiさんの別のイニシャル図案本を、先日イタリアに行ったときにたまたま入った本屋さんで見つけたのです!ペーパーバックで、表紙はこういう感じ。
b0236978_848674.jpg

アルファベットのAからZまでそれはそれはたくさんの図案が載っています。中をあけて、ちょっとご紹介します。
b0236978_8483016.jpg

ほら、どのステッチで刺そうか、すごくわくわくしませんか?

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-01-22 09:02 | books | Trackback | Comments(4)

スタンプワークその後

あれから、少し進みました。

腕に袖を縫いつけて、ニードルレースの花びらの洋服を着せて。このニードルレースはブルーのオーガンザの上にDouble Brussels Stitchしています。右側の葉っぱはシルクのリボンを2色。
b0236978_9135484.jpg


Long and Short Stitch で、ワイヤー入りの花びらをたくさん作って。。。。
b0236978_9142951.jpg


花に立体感が出てきました。
b0236978_9151032.jpg


まだまだ終わりませんが、がんばります。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-01-18 09:18 | stump work | Trackback | Comments(0)

クルミでピンクッション

殻つきのナッツ類を一袋いっぱい買って少しずつ食べていましたが、気がつくとクルミはあと1つだけ。ブラジルナッツやアーモンドはまだ残っているのに、ウォールナッツだけ早くなくなってしまうのは、どういうわけでしょう?ウチの子供たちはクルミよりもブラジルナッツのほうが好きだと思っていたけれど。。。?
b0236978_23234570.jpg

とにかく、最後のクルミになぜか心が惹かれて、殻をきれいに2つに分けることにしました。んんん。。。この形は使えそう!
b0236978_23242060.jpg

ハッと思いついてチクチク。ピンクッションができました。次回のキューステッチクラブで使っていただきましょう。
b0236978_23245980.jpg

いつもは気にせず捨てていた殻をこんなふうにリサイクルする気持ちになったのは、子供たちが学校でSustainabilityについて勉強しているからでしょうか。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-01-12 08:04 | equipment | Trackback | Comments(0)

スタンプワークの手

あいかわらずのんびりですが、花の妖精のスタンプワーク、がんばっています。
腕をやっと1本ステッチしました。その経緯は。。。

まず、1本のワイヤーに糸をグルグル巻いてから折って指先にし、またグルグル続けます。
指1本目。(カメラが近すぎて、ぼけてますが。。。)
b0236978_9251279.jpg

これを4本つくって。。。(これも焦点あってませんね。。。)
b0236978_9262588.jpg

本当の手に見えるように4本指をならべて、手のひら部分をグルグル。親指の付け根まで手のひらができたら親指を追加してまたグルグル巻き続けます。そして手にみえるようにワイヤーを整えます。
b0236978_927440.jpg

いくつか作ってみて、気に入った右手と左手はこちら。
b0236978_929070.jpg

フェルトで腕をつくって、左手を花の妖精の胴体につけると。。。
b0236978_9352625.jpg

これからまだ袖をステッチしなくてはなりません。
まだまだですが、がんばりたいと思います。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-01-06 09:42 | stump work | Trackback | Comments(2)

アンティークの鍵

1月2日はバンクホリデーでしたが、3日から普通の生活にもどっています。

いまステッチクラブのMさんご希望のクロスステッチ図案{アンティークの鍵}を作成中です。
b0236978_20492586.jpg

「アンティークの鍵になぜか心がひかれるんです」とおっしゃるMさん。収集された鍵たちを見せていただきました。その魅力が私にも伝わってきました。上手く図案ができるといいのですが、まだ試行錯誤しています。布のTPI (thread per inch - 1インチの布にある織り糸の本数)によってサイズそして印象も変わってきますし、色のシェーディングもまだ立体感がいまいちなので、手を加えなければなりません。また、このお話をMさんと相談していたときに、他の会員の方々も興味を示されていたので、鍵1本ずつの実物大バージョンやモノクロバージョンなど、いくつか作成してみるつもりです。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援どうぞよろしくお願いいます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-01-04 20:53 | cross stitch | Trackback | Comments(0)