<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イニシャルとアイレットのバランス

今週は「霧のロンドン」という言葉に深くうなずいてしまうような、どんよりとしたお天気が続きました。今週末でサマータイムも終わってしまうことになっており、これからどんどん日が短くなり暗い季節がやってきます。

ファインホワイトワークというとても細かい作業で根気のいる白糸刺繍に取り組みたい私は、ついにこれを買ってしまいました!裏側にLEDのライトが21個もついていてとっても明るい拡大鏡です。電池をつかっても電源をつかってもよし、テーブルスタンドにしたりフロアスタンドにしたり、またはテーブルに取り付けたりできる優れものです。
b0236978_1552114.jpg


ただ、困ったことに、拡大鏡部分のカバーがありません。以前、拡大鏡を使っていた人がお茶を飲みに席を離れているあいだに、日光が集まり、大切な刺繍作品の一部が焦げてしまったという事故のお話を聞いたことがあり、拡大鏡にはカバーが絶対必要です。手持ちのリネンで手作りすることにしました。

イニシャルとアイレットをデザインしたのですが。。。このバランスがとっても難しくて。。。
b0236978_15562436.jpg
アイレットをたくさん使うのはBroderie Anglaiseという白糸刺繍の特徴で、そのアイレットのイメージを求めていたのです。小さなアイレットはスティレットという目打ちのようなもので穴をあけ、大きなアイレットは中をハサミでカットしました。でもなんだかバランスが私のイメージしていたものと違います。

こちらは以前お友達からプレゼントしていただいたアンティークのハンカチ。これが本物のBroiderie Anglaiseです。
b0236978_1615256.jpg


こちらが私の刺繍したほう。んんん、まだまだ修業が足りません。やっぱり小さなアイレットをもっともっとたくさん、そして横つながりでアイレットをステッチしたほうがよかったようです。
b0236978_16220100.jpg


来月は刺繍仲間と一緒にAyrshire という白糸刺繍で大きなアイレットの中に針と糸でフィリングをする研究会でもっともっと勉強する予定。頑張ります。
とりあえず、拡大鏡のカバーができたので、ひと安心です。
b0236978_168742.jpg


下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-10-26 16:17 | equipment | Trackback | Comments(2)

特別レクチャーのお知らせ

以前に「英国式庭園」という記事でご紹介しましたが、英国王立刺繍学校(Royal School of Needlework)のOwen Davies先生が、キューステッチクラブで特別レクチャーをしてくださることになりました。詳細は以下のとおりです。

日程:11月8日(木)
講師:Owen Davies
テーマ:A journey through the needle box

当日は、オーウェン先生のこれまでの作品の数々を展示していただくことになっております。詳しいことはご案内のメールに書いてありますが、めったにない機会ですので、皆さんぜひご参加くださいませ。

11月8日以外は、通常通りのステッチクラブです。

今日の画像は、少し古い雑誌から。
b0236978_8591399.jpg
これはベネッセーコーポレーションが発行しているガーデニングの雑誌BISES「ビズ」のNo.69で、刺繍作家の青木和子さんがイギリスに刺繍の旅にいらしたときの記事です。記事の中の写真はオーウェンが青木和子さんに英国ガーデンの立体刺繍の作品の説明をしているところ。

この雑誌はKew Stitch Clubにおいてありますから、記事が読みたい方はどうぞ閲覧なさってくださいね。11月8日をお楽しみに!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-10-22 09:19 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

ステッチショーで

今年もロンドン北部にあるアレクサンドラパレスにてThe Knitting & Stitching Showが開催されました。アレクサンドラパレスではこういった催し物がよく開催され、人々はアレクサンドラパレスのことを親しみをこめてアリィパリィと言ったりします。
b0236978_973174.jpg
この写真を撮った日はお天気もよく。。。
毎年この入り口にくるとワクワクします。
b0236978_98699.jpg

入ってすぐのところに編み物でスイーツを作るコーナーがあったり。
b0236978_982358.jpg

作品の展示と同じかそれ以上に興奮してしまうお買い物コーナー。すごい熱気です。イギリス以外からも来ている人々がいるようで、いろんな言語が聞こえます。
b0236978_984732.jpg


今年は王立刺繍学校のブースでお手伝いをしておりました。RSN140周年記念の展示で、残念ながら写真撮影は禁止だったので、画像がありませんが、それはそれはもう素晴らしい作品の数々でした。一番じっくり見てしまったのはやはり二村恵美先生の作品でしょうか。Flower, symbol, and animal というタイトルの大きな作品で、ステッチの細かさやシェーディングの美しさにためいきがでるばかりでした。こういった大御所の先生方の作品もあれば、私たちのような現在も在籍中の生徒たちの作品もあり、私もゴールドワークとアップリケの2点を展示していただくことができました。本当に光栄なことです。ご来場くださったたくさんの方々とも楽しく交流できました。刺繍が好きという気持ちがあれば、国籍や性別や年齢など関係なく話がはずむって、とっても素敵なことだな~って実感しました。

さて、肝心のお買い物は、あまり時間がなかったのですが、休憩時間を利用してお目当てのところへダッシュ。今年はBenton & Johnsonのストールが出ていたので、ゴールドワークの材料をしっかり入手できました。また、もうひとつ絶対にはずせなかったのが、Stef Francisのストール。ここの段染めの糸は手染めで、それはそれは美しいのです。オンラインでもショッピングできますが、糸の色はやっぱり実物を見て選びたいのです。

Kew Stitch Clubの会員の方々もいろいろと戦利品がおありのようで、次回お会いするときにぜひ見せていただきたいです。楽しみにしております!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-10-17 09:18 | inspirations | Trackback | Comments(0)

クルーウェルワークでミニクッション

秋の気配がすると思っていたら、どんどん木々の葉の色が変わってきて、庭のリンゴも赤くなってきて、秋が深まってきているなあと感じる今日この頃です。

だんだん寒くなってくると、刺したくなるのがクルーウェルワーク。イギリスの伝統刺繡ではジャコビアン刺繡と呼ばれるものがクルーウェルワークです。リネンツイルという生地にクルーウェルウールという毛糸を使って刺繡します。タペストリー用の毛糸よりも随分細いということは以前記事に書いたことがありますね。

今日ご紹介する画像はKew Stitch Clubでご用意しているクルーウェルワーク用のキット。このミニクッションは、色違いで2種類あります。
b0236978_6565252.jpg


使っているクルーウェルウールはアプルトン社のものです。図案をリネンツイルに写すところから挑戦していただきます。
b0236978_714055.jpg

(こちらのキットは英国王立刺繡学校のディプロマコースを修了された須合由香理さんのオリジナルデザインです。著作権の問題がありますから、無断で複写・模写などのトラブルが発生しませんように皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。)

このクルーウェルワークミニクッションのキット、在庫の数に限りがあります。ご希望の方はお早めにお知らせください。

b0236978_721065.jpg
キットには刺繡しない面のクッション生地としてベルベットが含まれています。ひとつひとつステッチしていくとあったかい気持ちになれそうですね!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-10-10 07:09 | crewel work | Trackback | Comments(8)

ゴールドワークのキット

Kew Stitch Clubの会員のかたで、「ゴールドワークはやったことがないけれど、挑戦してみたい」とおっしゃるかたが何人かいらっしゃいます。夏ごろにデザインと材料だけ用意してあった「ゴールドワーク王冠のキット」。このたびちゃんとサンプルを刺してみました。
b0236978_19185988.jpg


とてもシンプルで簡単なテクニックだけを取り入れていますので、初めてでも気軽に挑戦していただけるだろうと思っています。ダマスクの生地を大きめにご用意していますので、どんなふうにお仕立てするかは、自分の希望するものをそれぞれご自由にどうぞ。

Tower of Londonに展示してある王冠の数々は、ちょっと違った形。今回ご用意したキットのデザインは、実はうちのリビングルームで使っているドアストップにプリントしてあった王冠をアレンジしました。
b0236978_19192188.jpg


このキットはゴールドとシルバーの2種類です。皆さんもいかがですか?

ほかの会員のかたで、「ゴールドワークでクリスマスオーナメントを作りたい」とおっしゃるかたもいらっしゃいます。クリスマスのモチーフのデザインはどういったものをご希望なのか、ゴールドワークに適したデザインかどうか、など相談しながら、作品に取り組んでいきたいと思っています。楽しみです。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-10-03 19:24 | gold work | Trackback | Comments(0)