<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Wishing you a ...

Merry Christmas and a Happy New Year
b0236978_3342484.jpg


今日はクリスマスイブ。イギリスではクリスマスは明日から12日間です。Father Christmas(サンタさん)は今夜我が家に来てくれるのでしょうか。

Kew Stitch ClubのY子さんのクリスマスオーナメントをご紹介します。
b0236978_342444.jpg
初めてゴールドワークに挑戦ということでしたので、デザインも小さくシンプルなものにしました。写真では電灯の光の関係でしょうか少し黄色っぽく写っていますが、実際はもっと深い赤色で、とても上品な仕上がりです。

皆様も素敵なクリスマスをお過ごしください。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-12-25 03:45 | ごあいさつ | Trackback | Comments(7)

ジャコビアンの図案でブラックワーク

師走って本当に忙しいですね。記事に書きたいことがいろいろあるのに、ブログの更新がなかなか思うようには。。。

さて、今日ご紹介したいのは、先日のKew Stitch Clubでのこと。会員のYさんが初めてブラックワークに取り組むにあたって、いろいろと相談しました。

初めてだからということで、市販の小さなキットや、パターンだけを練習するサンプラーを刺す会員の方もいらっしゃいます。もちろんそれはそれで楽しんでいただけたら、とってもいいと思います。ただ、Yさんはとても器用な方ですし、いろいろなアイデアを素直に受け止めてくださるので、今回おすすめしてみたのがこちら。
b0236978_8541888.jpg


もともとはジャコビアン刺繍(クルーウェルワークの一種)の図案です。写真の左上のほうにちらっと写っている、The New anchor Book of Crewel Stitches and Patternsという本を参考にしています。(この本は1991年版でちょっと古いのですが、ポケットサイズで、使い勝手がとってもいいのです。)

この図案を使って、ブラックワークの作品に仕上げようとしています。濃淡を考えながらパターンを選ぶこと、そして同じパターンの部分では糸の太さを変えたりパターンを不完全に刺したりすることによってシェーディングを楽しみたいと思います。Yさん、いろいろ試しながら楽しみましょう!

できあがったら、Kew Stitch ClubのウェブサイトのギャラリーのページKew Stitch Clubのフェイスブックのページ(あまり活用できていませんが。。。)に画像をアップしたいと思っています。

皆さんもいかがですか?

下のバナーをクリックすると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-12-18 09:48 | black work | Trackback | Comments(0)

大切にしたい刺繍枠

この季節は、お客さんがきたり、逆におもてなしを受けたり、週末などはあっという間に過ぎ去っていきます。

先日フランス人のお友達が思いがけないものを持ってきてくれました。
b0236978_851741.jpg


一見普通の刺繍枠。直径はセンチでいうと25センチぐらいあります。
見た目はちょっと古い感じで、よく使い込んでいるかな、という印象。
なぜ彼女は私にこれを持ってきてくれたのでしょうか。よくよく話をきいてみると、なんとこの刺繍枠は、彼女の亡くなったおばあさまが使っていらしたというもの。彼女は私よりも少し年上ですから、そのおばあさまとなると、これはもうヴィンテージというかほとんどアンティーク?なにかのきっかけがあってこの刺繍枠を見つけた彼女は、自分は刺繍をしないからという理由で、すぐに私のことを思い出して、譲ろうと思ってくださったのです。そのほうがおばあさまも喜んでくださるだろうとのことでした。

昔のサンプラーを見たりすると、8歳とか10歳とか年齢がステッチされていることがあります。昔の人たちは、そんなふうに小さいころからステッチしていたのですから、彼女のおばあさまもそうだったのかもしれません。そう思うと、今私の手元にあるこの刺繍枠は時間と空間を越えて私のところへたどりついたのです。昔フランスで彼女のおばあさまが使っていた刺繍枠が、フランスからイギリスへきてイギリスでバリバリと仕事をしている彼女をとおして、イギリスに住んでいる日本人の私のところへ。不思議なご縁に感謝の気持ちでいっぱいです。

b0236978_8444686.jpg
この刺繍枠、よく見てみると、ネジの部分がふたつあり、両側からネジを締めるようになっています。普段私が使う刺繍枠のネジを締めるときはスクリュードライバーを使いますが、これは両手で締めます。彼女のおばあさまも両手を使ってこのネジを締めたのだろうと思うと、本当になんともいえない気持ちになります。

大切にしたい刺繍枠です。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-12-11 08:50 | equipment | Trackback | Comments(2)

Perminのサンプラー1852

忙しく過ごしているあいまに12月になってしまいました。

キャンバスワークを進めなくちゃとあせっているのに、あっというまに暗くなってしまう日の短さに落ち込んでいます。かといって、ステッチしないともっと気分が沈んでしまう。。。暗くなるとともに浮気ごころをだして、去年の冬以来放りっぱなしにしていたクロスステッチをして気を休めることに。
b0236978_23375875.jpg


日本ではいま北欧がブーム、ということをお友達から聞きましたが、このクロスステッチのサンプラーも北欧のものです。デンマークはPermin of copenhagenのサンプラー。淡いブルーの花糸で刺しています。もともとのオリジナルは1852年のものなのでしょう。刺した人やその家族のイニシャルが図案の中にちりばめられています。王冠のモチーフも素敵。
b0236978_23414921.jpg


鳥のモチーフが多いかな?と思うのは私だけでしょうか。足をあげている4本足の動物はなんでしょう?
b0236978_23431040.jpg


風車のモチーフも可愛いですね。
b0236978_23441717.jpg


刺繍にしても、インテリアにしても、北欧のものって心惹かれるのはなぜでしょう。最近はデンマークのテレビ犯罪ドラマ「ザ・キリング」の第3作めがBBCで放映されているので、それにはまっています。字幕を読まなくてはならないので、やっぱりステッチがはかどりません~。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2012-12-03 23:56 | cross stitch | Trackback | Comments(2)