<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドレスへの刺繡

今年のアカデミー賞授与式は、私の刺繍人生にとってとても思い出に残るものとなりました。

イギリスが誇る007シリーズの映画、スカイフォールに出演していた英国の女優Naomie Harrisさんがアカデミー賞授与式で着るドレスに刺繍をするプロジェクトに、王立刺繍学校(RSN)のチームの一員として参加したのです。
b0236978_11425412.jpg


ロイヤルウェディングドレスのときもそうでしたが、プロジェクトによってはイベントが公になるまで、あるいは学校から正式の発表があるまで、秘密を守らなければならない契約書にサインをすることがあります。今回も、そういった契約書にサインをしてお仕事が始まりました。

環境にやさしいドレスを、という趣旨のRed Carpet Green Dressというコンテストで優勝したデザイナーのMichael Badgerさんは、アメリカのアトランタでファッションデザインを勉強中。イギリスのファッションデザイナー、Vivienne Westwoodさんの監修のもとにドレス制作が行われることに。

RSNのスタジオマネージャーからお声をかけていただいて、まずわたしがやったことは、Michaelがイメージする火山の溶岩のようなモチーフを英国の伝統刺繍ゴールドワークでドレス上に表現するための、サンプルを作ること。こちらがそのサンプルです。とっても小さいこの画像はRSNのウェブサイトのニュースのページからお借りしました。
b0236978_11433276.jpg


ゴールドワークの技法のうちOr Nueと呼ばれるテクニックでメタル素材に色の濃淡を表現します。ステッチはカウチングです。ヴィンテージのビーズも何種類もの色を混ぜながら使ってシェーディングしました。

実際にドレス生地がスタジオに届いて、刺繍がはじまるとそれはそれはめまぐるしい忙しさでした。

今回のドレスは、なにがエコだったのでしょうか?
ファブリックはオーガニックのもの、そして報道ではマスタード色といわれていましたが染色は実はカモミール(そう、あのハーブティーのカモミールです)で行われました。化学的な染料を使っていないので、染めたあとのカモミールはそのままコンポストへ。そして機械刺繍ではなく私たちが手で刺繍したこともエコだといわれています。ヴィンテージのメタル素材やビーズなどに加えて、実はチョコレートの包み紙も素材にして刺繍しました。これが、リサイクルされている材料といわれている部分でしょうか。

とにかく、アカデミー賞授与式のレッドカーペットを楽しみにしていました。ドレスを身につけたNaomie Harrisさんをみて、あれっと思ったのは大胆なスリットでした。最初の予定ではスリットのないドレスでしたから、ちょっとびっくりしましたが、いろいろな報道をみると、なんとギリギリ直前になってVivienne Westwood自身が決断してスリットをいれることになったそうです。ご本人もびっくりされたでしょうが、見事な美脚で着こなしていらっしゃるのは、さすが若い女優さんですね。

以下の画像はRed Carpet Green Dressのフェイスブックのページからお借りしました。お楽しみください。
b0236978_11442829.jpg

b0236978_1145044.jpg


下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2013-02-26 12:05 | 英国王立刺繍学校 | Trackback | Comments(4)

素敵な出逢い

パリの旅行記第2弾です。

実は今回のパリ旅行では、「針の祭典L'aiguille en fete」以上に心躍るような出来事がありました。
日本でご活躍のアトリエFilさんからご連絡があり、なんとパリでおちあうことになったのです。ブログを通して交流させていただいていましたが、まさか実際にお会いできるとは、夢を見ているような気持ちでした。

王立刺繍学校の友人が行きたいと希望していたクリュニー中世美術館の入り口で待ち合わせ。最初はドキドキ緊張して、約束の時間よりも早く着いてしまいました。
b0236978_11275311.jpg
写真からもおわかりでしょうが、この日は青空のとってもいい天気。
b0236978_11291445.jpg
入り口の門のところで、スタンプワークなどのデザインのアイデアになるかな?と思ってパチリ。

そうこうしているうちにアトリエFilの清弘子さんと安井しづえさんがいらっしゃいました。お二人には優しいオーラのようなものがでており、会った瞬間から、初めてお会いしたとは思えないような気持ちになりました。終始温かく接してくださり、とても感激しています。

お二人と一緒に、まずは中世美術館、そのあと装飾美術館、と美術館めぐりしました。たくさん歩かせてしまって、申し訳なかったです。左岸にもどって散策したあとボンマルシェでお茶。刺繍の話をしているだけで、とっても幸せな気分になれました。そしてなんとアトリエFilさんはご本をプレゼントしてくださいました!
b0236978_11414227.jpg
なかでも花のワイヤーワークの本は、とても入手困難な本なので、感謝の気持ちでいっぱいです。

夜はフランス人の友達が薦めてくれてテーブルの予約までしてくれたLa Coupole というブラッセリーへ。おしゃべりに夢中で、あっというまに時間が過ぎ去っていきました。興奮していたためか、全然写真を撮っていないことにあとになって気づきました。いま思い出しても、あれはもしかして夢だったのではと思ってしまうような、素敵な出逢いでした。

このブログはKew Stitch Clubの会員の方への情報や自分の備忘録のためにと思って始めましたが、「ランキングに参加するとほかの方々の刺繍ブログも見られていいよ」と、にほんブログ村を私に紹介してくださった親友のKさんにも、心から感謝しています。

さて、後半は行った美術館について。
ひとつめの中世美術館。中世のものがたくさん展示してありますが、私のお目当てはタピスリーでした。The Lady and the Unicornというタピスリーがとても有名です。ここのタピスリーはバイユーのタペストリーのような刺繍ではなく織物なのですが、色の使い具合や図案のモチーフなどがとても勉強になります。作品保護のためにとても暗い部屋に展示されており、写真は撮ってもいいのですがフラッシュをつかってはいけないとのことで、今回写真を撮っていません。奇跡的なことに、この「貴婦人と一角獣」が今年日本で展示されるそうです!アトリエFilさんが教えてくださいました。4月24日から7月15日まで国立新美術館にて。

ふたつめの装飾美術館。今年の4月13日まで、Fashioning Fashionという1700年から1915年までのヨーロッパのファッション展が開催されています。ロンドンのV&A博物館で見られるようなものもありましたが、なんといっても当時の服に施された刺繍が素晴らしいのです。とても見ごたえがありました。ガラスケースの向こう側のドレスなどは細かくみることができませんでしたので、ショップで本を買ってしまいました!上の写真の右上の本がそうです。中身は刺繍部分のクロースアップ写真などがあり、ゴールドワークやホワイトワークなどなど盛りだくさんでとても魅力的。少しだけ開いたページをご紹介します。
b0236978_12203319.jpg
b0236978_1220115.jpg
b0236978_12194939.jpg


今日ご紹介した本(もちろんアトリエFilさんの本も)をしばらくKew Stitch Clubの閲覧コーナーにおいておきますね。

4月13日までにパリにいく機会がおありのかたは、上記の美術館に行ってみるのもいいですね。ご興味のある方はぜひどうぞ。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2013-02-23 12:39 | Kew Stitch Club | Trackback | Comments(2)

針の祭典 in パリ

毎年恒例のパリのステッチショーL'aiguille en feteが、2月14日から17日までの4日間開催されていました。
b0236978_7222099.jpg
今年の会場はこちらのPorte de Versaillesで。
Kew Stitch Clubであらかじめ入場チケットを共同購入していたにもかかわらず、開始時間まえに会場につくと長蛇の列。10時半からのワークショップに参加予定でしたので、ちょっと心配しました。
会場に入るとこんなワンちゃんたちがお出迎え。アートですね。
b0236978_7303161.jpg

そしてとっても目立つところに羊毛フェルト作家福田りおさんの作品がど~んと。日本人としてもとってもうれしく思いました。刺繍の作品にもどうにかして使えないかな?と羊毛フェルトに興味がわきます。
b0236978_7343361.jpg


さて、参加したワークショップは、イタリア刺繍のレティチェッロ。Giuliana Buonpadre大先生の最新の本はこちら
b0236978_7442399.jpg
Giuliana先生はいらっしゃいましたが、実は白血病のために一時期、手が麻痺状態だったとのこと。リハビリで手は動くようになったのだけれど、とおっしゃっていました。実際にワークショップで教えてくださったのは、Giuliana先生のお弟子さんのおふたり。でもこの先生方も、素晴らしい先生でした!針を刺す向きや糸を引くスピードとリズム感に、ため息がでてしまうほど。3時間のワークショップはあっという間に終わってしまいました。フランス語もイタリア語もできない私をサポートしてくださった友人に感謝しています。

イタリアのレティチェッロ刺繍とイギリス湖水地方のラスキンレースはとってもよく似ている、と思いますが、違うところがいくつか。レティチェッロはEvenweaveのリネンを使うのに対してラスキンレースは縦糸と横糸にムラのあるGlenshee Linen。レティチェッロはサテンステッチの外側にフォーサイドステッチをしてから織糸をカット。ラスキンレースはフォーサイドステッチの内側にパディッドロールというものを作りながら織糸をカット。かがりに入るまでの準備の時間は、レティチェッロのほうがかなりはやいでしょう。ラスキンレースでは麻の糸を使うのが伝統的ですが、レティチェッロではアブローダーを使います。ということは、TPIの高い(目の細かい)リネンで細いコットンを使えば、レティチェッロのほうが断然細やかで洗練されているように思います。もちろん、私はラスキンレースの素朴な感じも好きなんですけれど。

さて、ワークショップを終えた私はランチも食べずにお買い物。すごい人混みで、なんども人にぶつかって「Pardon, Madame」と言わなければなりませんでした。
b0236978_881975.jpg

毎年ハサミを買っているお店でまたまた新しく購入。いくつあってもいいものですね。フランスだけでなくドイツやイタリアのブースもあり、見所いっぱいでした。なかでもベルギーのScharlaekenのブースでは使いたくなる糸がいっぱいで自分をセーブするのに困りました。

今年はいつも以上に編み物やキルトやパッチワークのものが充実していたように思ったのは気のせいでしょうか。
b0236978_8172617.jpg
b0236978_8171194.jpg


それでも、イギリスのThe Knitting & Stitching Showとくらべると、このL'aiguille en feteのほうが、どういうわけかオシャレで可愛くて素敵で日本人の好みに合うものがたくさんあるように思います。

会場でKew Stitch ClubのYさんとAさんにお会いできました。楽しんでいただけたようでなによりです。次回ステッチクラブにいらしたときに、戦利品をぜひ見せてくださいね!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2013-02-21 08:46 | Kew Stitch Club | Trackback | Comments(2)

マウントメリック刺繍のフリンジ

今週月曜日締め切りのお仕事がやっと終わったかと思うと、今日はShrove Tuesday(もうすでに日付が変わっていますね。。。)で、子供たちがパンケーキを楽しみにしていました。私はキリスト教徒ではありませんが、イギリスに住むようになっていろいろな慣習について知るようになりました。今日のShrove Tuesdayは、明日のAsh Wednesdayからイースターまでのレントという期間の前日ということで、イギリスではパンケーキを食べる習慣があります。パンケーキといっても、ペラペラでどちらかというとクレープに近いような薄さで、伝統的にはお砂糖とレモン汁をかけて食べます。素朴でいい感じです。

さて食べ物の話はこれくらいにして、今日はマウントメリック刺繍の続きの記事を書きたいと思います。

以前にも書きましたが、マウントメリック刺繍はアイルランドの白糸刺繍です。王立刺繍学校でもマウントメリック刺繍を習いましたが、どういうわけかカリキュラムには、まわりのフリンジがふくまれていません。私はどうしてもこのマウントメリックのフリンジの作り方を習得したくて、どうにかならないかと考えていました。もちろん、本にやりかたが書いてあるのですが、問題は、フリンジはなんと刺繍針ではなく、編み針をつかって編むこと。

なぜ問題なのかというと・・・あれは今から何十年も前に編み物で一生トラウマになってしまいそうな悲しい出来事があり、私はそれ以来二度と編み針を手にしないであろう、と思っていたからです。そんな昔の思い出と、マウントメリック刺繍を伝統的なフリンジつきにしたい気持ちを、天秤にかけると、やっぱりマウントメリック刺繍をやりたい気持ちのほうが強いことがわかりました。

前回の記事でご紹介したキャンバスワークの本を書いた先生、レイチェルは、大学で編み物を専攻していました。レイチェルとは彼女が王立刺繍学校のアプレンティスだったころからのお付き合いなので、気軽に編み物のプライベートレッスンを依頼することができました。王立刺繍学校では絶対考えられないお茶を飲みながらのレッスン。
b0236978_938311.jpg


こんなかわいい編み針のゲージにテンションもあがります。
b0236978_9393344.jpg


表編みのことをKnitting、裏編みのことをPurlingと英語で言うんだ~と感心しながら、レッスンでできたのはここまで。
b0236978_943326.jpg


家に帰って復習しながら、私の刺しているマウントメリック刺繍のドイリーに合わせたフリンジを編み編み。
b0236978_9452679.jpg


せっかく編んだのだけれど、半分をほどいてフリンジにします。まだくちゃくちゃでラーメンのようなので、あとでスチームをかけてまっすぐにします。
b0236978_9474831.jpg


まだまだ終わりません。

もうみなさんお気づきかと思いますが、今日の記事は刺繍ではなく、編み物の記事になってしまいましたね。次回は軌道修正して刺繍のお話を記事にいたします。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2013-02-13 09:59 | white work | Trackback | Comments(4)

リッチモンドヒル その後

あっというまに2月ですね。

キャンバスワークのリッチモンドヒル、なかなか時間がかかっていますが、やっと写真がたまってきましたので経過を書きます。

以前の記事で手前の野原のところと、ターキーラグノットの木まで画像をアップしていました。その後ほかの木々や草原をステッチ。
b0236978_1913275.jpg
ステッチの種類はFrench knot, Bullion knot, Turkey rug knot, Raised spot, French variation, Upright cross, Fishboneなどなど。

以前にも書きましたが、キャンバスワークは基本的に手前にあるものから刺す、というルールがあります。まず手前の木々をステッチし、それから有名なピーターシャムホテルや奥の川辺とテムズ河、そしてそのまた奥の草原、という順序で進めていきます。一番奥の草原はテントステッチですが、その中の白いお家やフィッシュボーンステッチやアップライトステッチの木々はテントステッチより先に刺します。
b0236978_2035099.jpg


王立刺繍学校の先生が書いたキャンバスワークの本が去年の秋に出版されましたが、なんとこのリッチモンドヒルのキャンバスワーク(須合由香理さんのオリジナル作品です)が掲載されています!
b0236978_204318.jpg

本にサインをしてもらっているところ。(先生、とってもお若いです。)
b0236978_2044937.jpg

さあ、まだ空が残っているし、あとから手を加えなければならない箇所がいくつかあります。
b0236978_2041418.jpg

がんばります。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2013-02-01 20:17 | canvas work | Trackback | Comments(2)