<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キャス・キッドソンの図案で

今日ご紹介するのは、キューステッチクラブ会員Mさんのキャンバスワーク。

Cath Kidston の stitch! という本の図案を使って、フットスツールの座面にするのだそうです。椅子の張替えが出来るMさん、素晴らしいですね。うらやましいです!

本に載っている図案は普通の椅子用でしたので、バックグラウンドを調整してMさんのフットスツールの大きさに合わせました。すべてテントステッチですが、座面ということもあり、耐久性を考えて裏はバスケットウィーブになるように刺していらっしゃいます。楽しんでステッチしていただけたようでなによりです。

画像は先日のステッチクラブでMさんが他の会員のかたがたに刺し終わったものをご披露なさっているところ。
b0236978_23135371.jpg


素敵な花のブーケの図案、キャス・キッドソンならではですね。フットスツールが出来上がるのを楽しみにしています。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2014-03-31 23:25 | canvas work | Trackback | Comments(0)

両面刺しゅう

今月はいつもの忙しさに輪をかけてバタバタとし、プレッシャーを感じながら刺繡しています。
というのも、王立刺繡学校のAdvanced Diplomaのコースで、両面刺繡(Both Sides Alike)の課題に取り組んでいるからです。

私たちが習っているモチーフは今でも連隊の旗に使われているもので、バラやアザミそして月桂樹などが主な要素です。

ステッチはロングアンドショートやサテンステッチ、ステムステッチ、スプリットステッチなど。表から見ても裏から見ても同じように刺すにはかなり神経をつかいます。ハッと気がつくといつものやり方でステッチしてしまいがちです。

なかなか進みませんが、バラの葉の部分。
b0236978_10185610.jpg


裏から見たところ。(写真がぼけてしまっていますが。。。)
b0236978_10415567.jpg
気に入らなくて糸を抜いたためにシルクが傷んでいます。糸が割れたり重なったりしないように注意しているのですが、なかなかうまくいきません。

使っている糸は8番のパールコットン。針はシェニール針です。

思うように刺せなくて、苦戦しています。かなり、弱気ですが、頑張ります。

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2014-03-29 10:43 | Both Sides Alike | Trackback | Comments(0)

ロレンスコットのドレス

ファッションデザイナーのロレンスコットが亡くなりました。

イギリスではミックジャガーの長年の恋人としてのほうがよく知られている感じがしますが、私にとってはデザイナーとしての彼女の印象がとても強いです。

実は王立刺繡学校(RSN)のスタジオのお仕事で、彼女がデザインしたウェディングドレスを刺繡する機会をいただきました。スタジオを訪ねにきたロレンはスタジオマネージャーだけでなく、作業をしている刺繍チームの私たちにもいろいろと声をかけてくれました。彼女の背が高いことは知っていましたが、実際本当に背が高くて、私はまるで自分が小人になったような気分だったことを思い出します。

彼女がこの世を去ってしまったことは、本当に残念です。VOGUEから彼女への追悼ビデオが発表され、王立刺繡学校のスタジオとドレスもうつっているので、リンクを載せます。

A Tribute to L'Wren Scott - Vogue


http://video.vogue.com/watch/a-tribute-to-l-wren-scott


下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2014-03-26 10:25 | 英国王立刺繍学校 | Trackback | Comments(0)

ランプシェイドにイニシャル刺しゅう

今日ご紹介するのは、キューステッチクラブの会員Mさんのランプシェイドです。

これまで、刺繡をしてからランプシェイドにする筒型のものや貼り付けるタイプのものは、なじみがありましたが。。。真理子サイモン先生のソフトファーニッシング教室に通っていらっしゃるMさんが「ご相談したいのですが」と持ってこられたのは、布を引っ張ってランプシェイドを作る本格的なもの。

刺繡をしてから布を引っ張っては刺繡自体が歪んでしまうので、布を引っ張る作業が終わってから刺繡することに。ランプシェイドの形になったものに刺繡をするのはとても難しいので、ステッチ自体はシンプルなものにしました。図案はもともと芯入りサテンステッチ用のイニシャルですが、実際に刺したのはステムステッチでアウトラインのみ。
b0236978_1010524.jpg


画像は、刺繡が終わった後でランプシェイドの裏をつけ、縁飾りをつけたものを撮影させていただきました。
素敵ですね!

下のバナーをクリックしていただけると、とっても励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村
[PR]

by kewstitchclub | 2014-03-14 10:21 | Kew Stitch Club | Trackback | Comments(0)